2009 5/16開催 B-ROCL(BASIC ROCK)

  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | RESULT
Photo-1

 ロッククローリングは楽しい!! この楽しさを、一部のエキスパートたちだけでなく、少しでも多くのオフローダーに知って欲しい。こういった思いから誕生したのが、ベーシックロック(Bロック)だ。そして5月16日、2009年のBロックが幕開けになった。
   だが、この週末は天気の具合がよろしくない。現に受け付け時間の朝7時頃は、いかにも「これから降ってきます」といわんばかりのどんよりした空模様。ヤバイ!! 巻いていこうか……。主催サイドのちょっとした焦りを横目に、エントラントや応援組は楽しそうに競技の準備に取りかかっていた。
   今回のセクションは3つ。1セクと2セクを午前中に、3セクを午後にオープンさせる段取りだ。1セクはコースを入り左に旋回してゴールするレイアウト。ただし、ロックのステージで鋭角ターンはありえない。大回りをするか、何度も切り返すか、どのラインを選ぶかが勝敗を決定しそうだ。2セクはスタートしてすぐのパイロンを通過した後、右にターン。約10mの緩い沢を登っていく。そして午後からの3セクは、スタート後、1つ目のパイロンは左、2つ目は右、ゴールは左と、ジグザグのルートが設定された。……と簡単に説明したが、言うのとやるのではワケが違う。とにかく、一筋縄ではいかない楽しい仕掛けがエントラントを待っていた。
   このステージに挑んだのが、ジムニー4台、TJとYJで6台、そして三菱ジープとグランドチェロキーの計12台。今回、ロング車両はグランドチェロキーのみなので、タイヤサイズにより、35インチオーバーとアンダーでクラス分けが施された。グランドチェロキーのドライバー、石川さんは「せっかくロングクラス優勝を狙っていたのに〜」と言うと、主催者は「グラチェロもショートということでお願いします」と返答。開会式を湧かせた。
   1セクはゼッケンが奇数、2セクは偶数と振り分けられ、いざスタート。1セク第一走者の三木・染谷組は、ロック競技初参戦。走る前は「もの凄く緊張する」と話していたが、いざ走ると落ち着いた表情でロックを越えていく。ただし、高得点を狙えるパイロンゲートを獲得できなかったので、手痛い結果となってしまった。
   一方、2セクは早くも「ショート・グラチェロ」の登場だ。ショップのデモ車のような仕上がりに少々もったいない感もあるのだが、ドライバー本人の意思は尊重したい。しかもスポッター(誘導者)は、エクストリームで百戦錬磨の強者であり、車両を作ったショップ代表でもある大道さん。無茶をするわけがない。さて、スタートしてロックにノーズを捻り込む。だが、右サイドと前方を阻む大岩のおかげで右ターンができない。バンパーの下面をすりつつ手を尽くすのだが、ここで10分の制限時間を使い果たしてしまった。それにしてもこのロングボディ+リフトアップ車がロックに立つ姿は、勇ましいものだった。
 様々な面々の中でも注目株は、鈴木・三浦組、太田・喜多組の女性ドライバーチーム。鈴木さんは前回、初ロックながら優勝に輝いた新星で、太田さんはエクストリームでスポッターを務めるロッククローリングのベテランだ。「ウチな、V字がメッチャ好きなんよ」という太田さんは、こちらもメッチャ好きというSJ30で、1セクからチャレンジする。スポッターの喜多さんとの恒例、夫婦漫才のようなやりとりで会場を楽しませながらも、超えた手さばきでマシンを前進させる。一方、鈴木・三浦組も負けていない。エクストリームで何度もトップに立っている三浦さんの的を射た誘導と、それを確実に具現化する鈴木さんのテクニックが見事にマッチ。パイロンゲートも着々と獲得し、高得点をマークした。結果、2連勝を達成。しかもその得点は、オーバー35クラスの面々も凌ぎ、ダントツの総合1位!! ロック、いやオフロードデビューから2戦目でこの記録は、前例のない快挙といえるだろう。
   昼前から降り出した雨は、岩を濡らして滑りやすくした。でもエントラントらは、多少のグチをこぼしながらも一生懸命クルマを前進させる。そして、たまにはポーズをとったりギャグをかまして会場を盛り上げる。和気あいあいとしながらも、走りは超本気モード。こういった、この会場で繰り広げられるすべてがBロックの魅力といえるだろう。オフ4に乗っているのなら、そしてクロカンの楽しさを知っているのなら、このミラクルなロッククローリングの世界を一度は体験してもらいたい。車両を前進させるスリル、走り終わった後の達成感と爽快感は、きっとクロカン以上のはずだから……。
(Text:田尻朋美,Photo:内田隆之)

  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | RESULT
Photo-1